2013年04月06日

見えない身体(7つのエネルギー体)

整体の施術では、身体と見えない身体(エネルギー体)を中心に施術しています。見えない身体というのは、触れてもわからないが存在する、身体を取り巻くようにして存在する一緒のエネルギーの身体です。

一般的に言われている呼び名を使うと、エーテル体、アストラル体、ブデイ体、コーザル体、メンタル体、セレステイアル体、キリスト体です。

感覚的にわかりやすいのが、エーテル体だと思います。やられたことがある方もいらっしゃると思いますが、手のひらと手のひらを近づけると、何か弾力のようなものを感じたことがありませんか?、それが気と呼ばれるものであり、気は一般的にはエーテル体のことを示す場合が多いです。

エーテル体は肉体に近いエネルギー(振動数が低い)なので、感覚が敏感な方にはわかる方もいると思います。主な役割としては、身体の生命力といいますか、このエーテル体の状態がよければ病気になりにくいです。経絡、ツボは主としてこのエーテル体の状態を整えている気がします。

アストラル体ですが、感情をつかさどるエネルギー体と言われています。オーラという名称は、なじみがあると思いますが、オーラはアストラル体のことをいい、オーラが見えるというのはアストラル体をみていることになります。その人が持っている感情によって見える色が変わると言われています。

私はオーラの色は見えません。クライアントの施術をする際に、ネガテブな感情や思いを感じたらその、感じた感覚が消えるように施術をしていきます。後でクライアントさんに気分の変化を確認します。明るい雰囲気になっていればこの、アストラル体も施術できているという認識でいます。

ブディ体は物の考え方に、影響がでてきます。ブデイ体が弱ると、ネガテブな考え方に陥りやすです。逆にブデイ体を充実させようとしたら、根拠がなくても明るい未来を創造することで満たされてきます。施術としては、クライアントさんの明るい未来を創造したり、良い部分をお話ししたりすることで、満たされていく感じがします。このブディ体の色は黄色または金色に見えると言われています。

この他にも、コーザル体、メンタル体、セレステイアル体、キリスト体とありますが、非常に精妙なエネルギーで私には感じることはできませんが、主に環境や運勢、天命などの意味合いをもつものです。

当院でしている天占易学カウンセリングは運勢に働きかけるものなので、コーザル体に働きかけてる可能性はありますね。

このエネルギー体は身体や他のエネルギー体ともつながっています。なので病気ひとつとっても、肉体を含めた、8つの体のどこに原因があるのか追求していくことが真の治療になると言えます。

よければクリックお願いします
posted by スピリットセラピスト at 17:27| Comment(0) | エネルギー体
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: