2013年04月19日

神社の役割

私は以前から神社が好きで、よく参拝しにいってました。何が好きかというと雰囲気です。

周りが住宅地であっても神社は緑が多く、鳥居をくぐるとそこから神社ならではの清々しい雰囲気に包まれます。そこに居ると心が洗われるというか、体からエネルギーが湧いてくるような気がします。

神社はその地域でも古くから存在する所が多く、その土地の歴史や逸話なども記録されている所もあり、それらを読むことで昔にタイムスリップしたような感覚になり、なにかロマンを感じます。

神社の役割は、昔から自然から食べ物を恵んで頂いたお礼に、感謝を捧げる場所として存在していたと認識しています。自然災害が起きないように神社を建てた所も多く、私の住んでいる市の神社は、川岸近くにスサノヲを祭ってある神社が多いです。これは水害から守ってもらう為に建設されたと感じました。

神社の役割としてもう一つは、神社のおかげで街中にでも自然が存在している点です。これは目には見えないですが、地域の空気の浄化など大きな役割を担っている気がします。

たまに田舎の方の神社の催し物に参加したりしますが、その地域の人達が協力して、食べ物など集めて、無償で参拝者にわたしています。地域ぐるみで神社の運営管理をしているのでしょう。そういう神社は、その地域の人たちを通じて神様の力を感じて、心が洗われます。神社の本来あるべき姿なのでしょうね。

今多くの方が思う神社の役割といったら願掛けですよね。自分の願いを叶えてくれそうな神社や、願いが叶ったと言われる口コミが多い神社に参拝し、これで叶うかな〜なって思いながら神社を後にしていると思います。

以前に想念を話をしましたが、これでは願望実現から離れていくのが良く理解できると思います


これは『私は足りていない!』という磁気が出ているわけです。そうすると、『足りていない!』
エネルギーが蓄積されるわけです。この場合2つのことが起こる予想されます

1つは、『足りてない!』という想念の影響で同じような足りていないと思われる出来事を引き寄せるということです。

2つめは足りていないという思いから、それを満たす出来事があるということです。満たされるということが願望実現という意味ではないかと思われますが、幸せが実現するという意味では違います。

なぜなら、あなたの願望が実現してもあなたが幸せになるとは限らないからです。どういうことかと言うと、これは私の先生の知り合いの話しですが、お金が欲しくて、繰り返し願った所、数百万のお金が手に入ったが、そのお金は家族が病気になって入った、保険金であったという話をされていました。

願掛けとは眼欠けという当て字もあるように、エゴによる願掛けは、眼欠けなど交換条件によって叶うことが多いということです。それは低級霊が関与し、叶っても対価報酬を求められるということです

ではどういう気持ちで参拝するとよいか

それはただ、『感謝する』だけです。お陰様の気持ちで感謝することで、感謝のエレメンタルが増幅され、それが本人の人生にとってプラスに働くように影響を与えます。自助努力をして後はお任せします。という気持ちを持って参拝するという姿勢は『神様に感謝エネルギー与える行為』でありますので、ネガテブな影響をうけません。

神社はエレメンタルを増幅させる場所でもあるような気がします。

このように見えない働きも意識して参拝することも大事ですね

整体院ナカムラヒーリングオフィス
兵庫県西宮市二見町4−25コンフォール甲子園口202号室
電話0798−42−7182
HP http://www.nakamurahealingoffice.com


よければクリックお願いします










posted by スピリットセラピスト at 13:12| Comment(0) | 神社
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: