2018年12月15日

気功的な生き方って?2

こんにちは
西宮市の気功整体院、ナカムラヒーリングオフィスです

気功的な生き方1 の続きです。

気には運に作用する運気と言うものが存在します

運気は、体に作用するような気とは違い精妙で体で感じるというよりは、イメージで感じると言った方が近いかもしれません。
運の気といっても、人間関係運や、仕事運、健康運、変化運など色々あります。
運の気を見るといっても、漠然とは見れない為、私は運気を見る指標としてる哲学があります。

それが天占易学と言う学問です。

saikuru1[1].gif
九星気学や干支、数秘術をベースに考えられた哲学で、その学問をベースに運気をみていきます

例えば、人間関係運でいえば木星をイメージすると暗く見えたり、明るく見えたりします。暗く見えたら、人間関係運に影があると、認識しイメージでどこに問題があって影を作っているのかを、インスピレーションを頼りに情報を得ます。

そして問題がある所にヒーリングをしていきます。クライアント自身と会話して、問題がある場合は解決方法を一緒に考えて、最後にも一度木星をチェックして、影が消えて明るくなっていたら、そこで終了です

運気と言うのは、天が魂の想いに近づく為に用意した、魂の研磨材です。
積極的に行かないといけない時期、周りの声を聴いて動いた方が良い時期など、様々な変化を促して、魂を磨いてくれます。ですから吉や凶という概念ではなく、全ての現象が自分の本質に気づかせてくれる材料になります

運気が存在する意味を理解して、受け入れて仲良くしようと思うと、無意識に運気をキャッチする確率が高くなります

運や運命を怖がるのではなく、自分の味方であることを信じて、好きになってみましょう。

最後までお読み頂きましてありがとうございます

整体院ナカムラヒーリングオフィス
兵庫県西宮市二見町4−25コンフォール甲子園口202号室
電話0798−42−7182
HP http://www.nakamurahealingoffice.com


よければクリックお願いします






posted by スピリットセラピスト at 17:54| Comment(0) | 気功

2018年12月14日

気功的な生き方って?1

こんにちは
西宮市の気功整体院、ナカムラヒーリングオフィスです

題目の、気功的な生き方ってどいうことなんでしょう?という質問がありました

簡単に説明すれば

日常生活の中に気功を取入れることです
気という存在を認識して、その働きや作用を理解し、実生活に活用していく

という趣旨になります

気とは、目には見えないエネルギーでありますが、病気や元気、気を使うなどの日常的な言葉のなかにもあるように、何となくイメージとしては一般的にも認知されているのかもしれません。

でも具体的に気の働きはと言われると認知度は少ないと思います

気は身体の生命活動、精神活動、心理状態にも影響を与えていますが、運の気というのもあって言葉通り運にも影響を与えています。

しかし目には見えなくて、感じにくい存在なので、本当にあるかどうかどうか疑わしいと思うのも無理はありません。知り合いで鍼灸の先生がいますが、なんと気の存在を否定しています。否定どころかうさんくさいイメージを抱いているぐらいです。しかし鍼灸治療の基礎になる東洋医学の教科書に載っていてるにも関わらずです。

気の存在を否定するより、気の存在は認識し、理解すればするほど、多くの恩恵を受け取れるようになります

気は肉体的にも影響を与えていますが、精神・心理的に与える影響は即効性があると思います。肉体は気の影響をうけて、血流やリンパに流れが良くなって、改善していくことが多いですが、精神・心理面は気持ちが重くなっていたのが、一瞬で軽くなったり、重荷を背負った感じだったのが、急に軽くなったり、不安感が急に和らいだりというようにダイレクトに作用します

気の滞りや、心身にマイナスの影響を与えている気が改善されたら、重たさ、息苦しさ、不安感など体感している感覚が消えることで、楽になったと感じるわけです。

心身が楽になれば、笑顔も増えますし、心にゆとりが出来てきますので、その明るい波動の影響で、ゆとりのある生活を送れるようになります
kikou.jpg
今回は心身についての気の影響について書きましたが、次回は運気について書きたいと思います

最後までお読み頂きましてありがとうございます

整体院ナカムラヒーリングオフィス
兵庫県西宮市二見町4−25コンフォール甲子園口202号室
電話0798−42−7182
HP http://www.nakamurahealingoffice.com


よければクリックお願いします





posted by スピリットセラピスト at 12:36| Comment(0) | 気功